アフィリエイトブログ

広告がユーザビリティ(滞在時間や直帰率)に与える影響をテストしてみた結果

更新日:

2015年8月、Googleアドセンスの停止祭りが全国で開催されていました。僕の運営ブログもまんまとアドセンスが停止になりました。

*後に「2015年アドセンス夏のBAN祭り」と呼ばれる事件です。ウソです。

アドセンスが止まったのは仕方がありません。 さて、広告をウザいと思う人も多いですし、メディア運営者でも本文中の広告を否定する声もあります。 そこで僕は思いました。

  • 広告が非表示になれば、ユーザビリティが向上するのか?
  • セッション時間や直帰率が改善されるのか?

せっかくのアドセンス停止の機会ですので、Googleアドセンスを外したらユーザビリティが良くなるのかのテストというポジティブシンキング記事です。

▼アドセンスの収益のグラフ・・・

アドセンス停止

アドセンスが停止した原因と対策

アドセンス停止の経緯を先に簡単に説明。アドセンスから来たメールに記載されていた違反の内容は以下。

ユーザーに報酬を提供して誘導するコンテンツ: Google のプログラム ポリシーに記載されているとおり、AdSense のお客様がリンクや広告のクリック、メールの購読、他のウェブサイトの閲覧を行ったユーザーに報酬を与えるプログラムに関するコンテンツを含んでいるサイトに Google 広告を掲載することは許可しておりません。これには、オートサーフ サイトや有料購読メール、ユーザーにクリックを促して報酬を支払う各種プログラムやアフィリエイトの比較サイト、情報商材やこれらに誘導しているコンテンツなども含まれます。

このメールの直後にサイトのアドセンスが全停止します。

いたるところでアドセンス停止が頻発していたので、先に停止した人達からの情報と合わせて見ると、明らかにGoogleアナリティクスのキャプチャ掲載(詳細なPV)の開示が原因です。

事前に情報は得ていたのですが、その時点で分からない点が1つありました。

  • アナリティクスのキャプチャ掲載記事へのアドセンスがNG
  • アナリティクスのキャプチャ掲載サイトへのアドセンスがNG

記事単位でアウトなのか、ドメイン(サイト)全体がアウトになるのかが事前情報だと不明でした。

これを確認するために、キャプチャを掲載している(PV公開)記事のみアドセンスを非表示にして様子を見ていました。

▶︎結果、警告なくアドセンスが全停止

これは、運営報告記事のみアドセンスを非表示にしたけれども停止されたというのは、他のブロガーさんでも同じタイミングで発生していますのでほぼ確定ですね。

今後はアドセンスを利用するサイトでは、PV報告などの記事は書けなくなると思います。残念ですね。

広告効果とユーザビリティはトレードオフ

ブログメディアではGoogleアドセンスを利用している人が多く、アドセンスのクリック率をあげるためにタイトル下や本文中への広告配置が人気です。僕も実際にテストしてみた結果、リード文の後にアドセンスを配置するのが最も報酬が高くなることを確認しています。

ただ、広告効果とユーザビリティは相反するもの広告のセオリーとしては、より目立つ位置・より大きい広告が良しとされます。ただ、ユーザビリティを考慮すると、広告はなるべくメインコンテンツの邪魔にならないほうが良いのです。

広告効果とユーザビリティの2つの目的を、どちらも100%追求することはできません。利便性を追求するなら、広告は一切無いほうがいいですし、広告効果を過剰に求めると利便性を大きく損ねる結果になります。

結論は、それなりに広告の効果が上がって、かつなるべくユーザーの利便性を損ねないという広告掲載方法に落ち着かせることになります。

アドセンス停止期間中のセッション時間・直帰率の変化

アドセンスが停止した期間は以下。

  • アドセンス停止▶︎8月22日の15時頃
  • アドセンス復活▶︎8月24日の22時頃

テスト期間としては短いですが、これでも1万円以上かけて実験したことになるので無理矢理参考にします。

実験につかったブログは、1日のPVが2万前後。広告配置(スマホ)は「リード分下」「本文中」「記事下」です。

▼過去30日間との比較

  過去30日間の平均 アドセンス停止中(8/22〜24)
平均セッション時間 1.42 1.40
直帰率 81.81 82.48

 

あれ、悪くなってるんですけどw

でもしかし、アドセンスの停止がちょうど土日でしたので、週末の数値が悪いという可能性もあります。では、前週の土日(同じ曜日)で比べてみましょう。    

▼前週との比較 

  前週(8/15〜17) アドセンス停止中(8/22〜24)
平均セッション時間 1.45 1.40
直帰率 81.18% 82.48%         

 

はい、広告があった方がユーザビリティの数値は良いという結果になってしまいました。

もちろん、たまたまこういった結果になったということもあり得ます。どちらにせよ本文中の広告配置は、極端な影響はなさそうですね。誤差でひっくり返る可能性がある程度の影響ということです。

PC・モバイルで分けてみるとまた違った結果がでるかもしれませんが、すみません、面倒くさいので割愛させてくださいw

まとめ

twitterで見た情報だけでも、数十人単位のブロガーさん達がアドセンス停止されていますね。

iOS9の広告非表示もありますし、刻々と変化する環境に対応していくのが大事ですね。

-アフィリエイトブログ

Copyright© アフィリエイトZONE , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.