アフィリエイトブログ

コンテンツSEO事例。検索順位1位を取ると予告宣言した結果。

更新日:

bsBIS151026173927

どうも、コンテンツSEOが好きなトイガーです。

この記事を書くために、10月14日に以下のツイートをしておきました。

なかなか反応が薄くて悲しかったです。

ジムで筋トレをしていて、マナーがなっていない人が多いなーと感じていたので、マナーに関しての記事を書こうと思っただけです。で、せっかくなので「ジム マナー」で検索1位取れるかなと思い立って試して見ました。

10月14日のツイート後に記事を書き始めて、該当記事を公開したのが当日10月14日の22:30くらい。

▼公開した記事です。

スポーツジム・フィットネスジムでのマナーと注意すること。/とらっぷる.com

↑状況変わるとアレなので、nofollowでリンク貼ってます。

今この記事を書いているのが、11月23日です。

記事の公開から1ヶ月ちょっとたってます。

▼まずは結果発表

ジムマナー

 

はい、1位とれました。めでたしめでたし。

これでまた検索流入増えるぜ( 0w0)ノ ウェーイ

 

以上です。ありがとうございました٩(๑´3`๑)۶

 

一応、後学のためにどんなことを考えてコンテンツを作ったかを書いておきたいと思います。

検索で上位表示出来ると判断した理由

予告を出す前・記事を書き始める前の段階ですね。

競合(検索結果)を見て判断

今回はキーワードを「ジム マナー」の2語と決め打ちで初めています。実際に検索結果の1〜2ページ目を見てみて、彼らに勝てそうかどうかというのを考えました。

  • コンテンツの質
  • コンテンツの内容
  • メディアのレベルetc

他にも被リンク見たりとか色々あると思いますが、今回はそこまで行っていません。パット見でそれほどガチで「ジム マナー」を狙って書いているメディアは多くありませんでした。

ここまでで、競合となりうるのは上位5位以内にいる記事かなという判断。1ページ目は余裕で出せるけど、1位に出せるかとなるとまだ自信が無い感じです。

キーワードの難易度は低い

「ジム マナー」というキーワードは購買に繋がるキーワードではありません。予告ツイートでも書いてますが、売るものが無いキーワードです。

つまりガチのアフィリエイターは参戦してこないであろうキーワードです。ですので、今回は被リンクのチェックなども省略してます。あと中古ドメインとかも多分いないと思いますので、純粋にコンテンツの中身だけで勝負できるという判断です。

よって戦う相手は、アドセンサー(普通のブロガーやメディア)か、たまたまこのキーワードで上がってるコンテンツくらい。

ちなみに、1ページ目にYahoo知恵袋Neverまとめがいました。この2者が10位以内に入っているキーワードは難易度低いですよね。ちゃんと記事かけば、少なくともこの2つよりは上にあげれます。

これで、だいたい3位くらいまでは狙えそうかなという予想になりました。

キーワード・ジャンルのGoogleからのドメインの評価

決め手は、そもそもtorapple.comがジム関連のキーワードの評価が高いということ。実績があるということですね。

  • ジム関連の記事を複数書いている
  • ジムカテゴリも作ってる
  • ジム+αの2語でいくつか検索上位とっている

該当の記事の評価に加えて、メディア(ドメイン)の評価からも後押ししてもらえる状況でした。

 

▼予想内容まとめ

  • 競合のコンテンツが強くない
  • 競合のメディア(ドメイン)が強くない
  • キーワードの難易度が低い
  • 自分が強いフィールドである

以上から、検索1位取れるんじゃないのと予想に至りました。

コンテンツの作り方

情報の網羅性

「ジム マナー」に返す回答として、含まれるべき情報をしっかり入れます。その情報ってなんですかというのは、検索結果を見ます。

  • 僕が思う「ジム マナー」
  • ユーザーが欲しい情報としての「ジム マナー」

この2つがずれている場合があります。そこを確認するために、現在の検索上位コンテンツにどんな内容が含まれているかをみます。

今回のケースですと、僕はジムのウエイトやマシンを利用したら「器具をちゃんと拭け」「元に戻せ」といったことを書きたかったんですね。みんなが共有して使うものなので当然ですよね。

検索上位の記事を見ると「ヨガスタジオでは隣と近過ぎないように気を使いましょう」みたいなことが書いてあったりするんですよ。いや、それジム関係無いでしょと内心思いましたよ。でも、ヨガのレッスンに通うユーザーが「ジム マナー」と検索している可能性があるということですよね。

こんな感じで、自分が考えている内容に加え、現在の検索結果から予想されるユーザーのニーズも追加し、情報として不足がないようにコンテンツを作成しました。この辺は当該記事を見て貰えればそういった作りになっているのがわかると思います。

オリジナルコンテンツ

Googleさんはオリジナル大好きです。

ジム関連で、パワーラックとかフリーウェイト周りのことについて書いているメディアはほぼありませんでした。なので僕が一番書きたかった「使ったら元に戻せ」「必要ないのにパワーラック専有してんじゃねぇ」のあたりは検索エンジンとしてオリジナルの価値です。

他の部分も僕の書き方・言い方の言葉を使って書いています。自分の得意ジャンルだと、他人の記事を見て書き手の知識レベルとかだいたいわかりますよね。他の記事を見て、書いた人はそれほど詳しくないなってのを感じてたので、他の人達の書き方などは完全無視して自分の考えを書きました。

ですので、情報としては同じでも、書き方のニュアンスとか言葉選び・わかりやすさなんかは僕のが上だと自負しています。といいますか、そうして他より良い記事を作るのがコンテンツSEOでしたね。

内部リンク

記事を公開して初動は17位。じわじわ上がって12位くらい。

ジムマナー2

 

なかなか上がらないなーと感じたので、さっさと適正評価をして欲しかったので他のジム関連の記事から内部リンクを当てました。ちょっと正確なところ忘れたんですが、11月の最初のころに1本か2本。

Googleのクローラーが何度も巡回してコンテンツの内容を全て把握し、閲覧したユーザーの動きのデータが取れるまでの間は適正な順位が定まりません。採点待ちといったところですね。ですので、リンクはらなくてもしばらく待てば上がった可能性は十分あります。

今回の内部リンクの意図は「1位にいるべき記事なんだからさっさと1位にしてくれ」です。内部リンク貼れば上がるというわけではないので、勘違いはしないでくださいね。

4位にあがった以降は特になにもしてません。じわじわ評価してもらって無事1位を取れました。

まとめ

以上、アドセンサーの検索流入を狙う手口でした。

ちなみにキーワードにCVの概念が入ってきたらこんな簡単にあげられません。UFOキャッチャーでいうと、取りたい景品でなく、外から見て取れると踏んだ景品を取りに行っただけですね。

有言実行できて良かったです。

関係ないですが「UFOキャッチャー」の検索1位は元エルモ氏がとってます。

-アフィリエイトブログ

Copyright© アフィリエイトZONE , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.