アフィリエイトブログ

ブログ・アフィリエイトで稼ぐためにやってきた情報収集。WEB・SNS・本など

投稿日:

twitter-292988_640

約1年半かけてド素人から独立まで持ってこれました。その間にHTMLからwordpressからブログ運営やSEOやアフィリってなんぞやってところを色々勉強しました。で、それらの情報をどこから引っ張ってきていたのかを見直してみます。

近年ブロガーさんやSEO会社系がアクセスアップの方法なんかを記事にするケースが多いんですが、だいだいが役立たずな記事だと思ってます。ああいう具体的なノウハウ記事って初心者には人気なので、たくさんシェアされてPV稼げているようですが、本質的な部分って何も書いてないんです。そういうケースもあるんですねくらいで見ておいた方がいいと思います。

本当にアクセスや収益が欲しければそんな素人に人気な記事なんか見てたらダメです。では何を見るのか?

師を見るな。師が見ているものを見よ。

ってやつ。誰が言ったかわかりませんが僕が大事だと思っている言葉の一つ。あ、でも師を選び間違ったらダメですけど(笑)

なるべく1次情報に触れて、自分で理解して、自分の中で自分専用のノウハウを築き上げていきたいですね。

情報の取捨選択と見極め

情報は多ければ多いほど良いというわけではありません。時間やキャパは有限ですので、取得する情報も優先順位をつける必要があります。あと、良い情報と悪い情報の見極めも重要。

稼いでいる人の情報を見る

これ大事です。

稼ぐ方法ではなく、稼いでいる人の情報を見る。

「稼ぐ方法」とか「アクセスアップのテクニック」とかには本質的なものは無いんです。本質は別のところにあって、それを初心者に刺さりそうなニュアンスで表面的な部分を言っているだけです。

なので、例えば某有名ブロガーがいたとします。某有名ブロガーが「アクセスアップの方法」とか記事を書いたとしたら、その記事に書いてあることを実践してたらアウト。

そうじゃなくて、その某ブロガーがやっていることを読み解くんです。記事の文字数をカウントかけてみたり、何のアフィリンク貼ってるのか見てみたり、更新頻度みてみたり、シェアしてる時間をみてみたり。

ふと、「アクセスアップの方法」の記事ではこう書いてるけど、書いた本人やってること違くね?なんでだろう?とか気づくことがたくさんあるんですよ。

情報の裏を見る

ちょっとすみませんけれども、某Eさんを例に上げさせていただきたいと思います。ここ1〜2年で一気にドカンときたブロガー(アフィリエイター)さんですね。このブログもアフィンガー使わせていただいてます。ありがとうございます。

Eさんはとても有益な情報をブログで公開されていましたので、参考にしたブロガーはゴマンといると思います。

ある日、Eさんは「アドセンスの効果的な貼り方」の記事を公開しました。多くのブロガーがそれに習ってアドセンスを配置して、「私もEさんがやってた配置にしてみました」という記事を公開。

はい、これ凡人の例です。

正解は、「そうやって配置をテストしているんだ」という情報を得て「じゃあ私もいろいろテストして調べてみよー」です。

そういうことです。

ついでに言うと、「配置を真似してみました」の記事は1ミリも価値がありませんからね。「私もテストしてみた結果、Eさん比べてこうなりました」というとこまでやって公開すれば価値ある記事になりますよ。

ちょっと脱線するのでこの話はやめます。

情報収集に使うメディア

基本はGoogle検索

僕は検索大好き人間です。嫌いな人も多いと思いますが、人と会話しながらスマホ触っているタイプです。

会話の流れでわからない単語が出てきても、リアルタイムで検索して、結果を探して、読んで概要を理解して、あたかも最初から知っている"てい"で会話を続けるくらいのことは可能です。実際対面で話しているときはさすがにそこまでやりませんが、電話とかなら普通にやってます。

だいたいの情報はうまく検索すれば見つかります。これは検索に慣れることでSEOの知識にも繋がりますし、検索ユーザーの立場を知ることにもなりますので、積極的に検索を使っていきたいですね。

細かいテクニックはそこまで詳しくないですが、やっているうちになんとなくわかります。例えば電話番号を検索するときに、「012011112222」と検索しても見つからない情報が、「0120 1111 2222」とスペースを入れると出てきたりとか。

「site:〜」で検索するとかはテクニックとしては便利ですが、相手にする読者は基本特殊な検索テクニックは使わないということも意識。

あと、webの情報を見るのによく使うのが「期間指定の1年以内」。WEBの情報なんてコロコロ新しくなりますので、2年前のものがそのまま使えない場合が多いですよね。

Googleは友達、こわくない!って常にGoogleさんに触れて馴れておきたいです。

アフィリエイトブログをFeedlyで

最初はブロガーさんのブログもたくさんみてましたが途中でやめました。ブロガーさんの何とかレビューとか見てても多分稼げるようになりません。それに、ブロガーはWEBというメディア上のタレント業なので、タレント的な情報しか出てきません。その辺のアイドルの食レポとかが参考にならないのと一緒です。

アフィリエイトブログも探せば数十個はありますので、見てみるといいと思います。あとは、アフィリエイトブログでなく、実際に稼いでいるサイトを公開されている人もいるので見つけたらどんな作りかたをしているか見てみるのもいいかも。

例えばこの記事とかこの記事とか。他にも参考になる情報は腐るほどありますので、頑張ってさがしましょう。

SNS(主にTwitter)

僕もブログを始めてからTwitterをやり始めたくちなのですが、現状はTwitterに多くのスーパーアフィリエイターが滞在しています。通称「谷」と呼ばれる場です。

本当に有力な情報はスーパーアフィリエイター同士のクローズドな部分でやりとりされていると思います。素人が有力者の情報に触れられる可能性があるオープンな場所となるとTwitterになるわけですね。

注意点は有力なアカウントの見極め。アフィリエイトについてつぶやいているからと言って、その人が稼いでいる人とは限りません。有力者のアカウントは以下のような特徴があるので参考までに。

  • フォローよりフォロワーが圧倒的に多い
  • アフィリエイターがフォローしてるアカウント

あと、アフィリエイターはツイート数が多く、また、お◯ぱいとかパ◯パンとかジャミングも凄いので、タイムラインから良い情報を拾うのはなかなか大変です。最近、谷の情報をまとめてくれるアカウントとWEBサイトができましたので、そこを見て辿っていくのもいいと思います。

サイトはこちら▶︎今日の谷ドットコム

まとめている人は大変だと思いますが、末長く続いてくれるとありがたいです。

テレビや雑誌も見る

意識高い人は基本テレビ見ないと思います。時間もったいないですしね。僕もそうしてました。が、池上彰氏の情報収集方法を見て、テレビも見るかなーと少し思わされました。確か以下のようなことを言ってたと思います。

WEBの情報は検索など自分が欲しい情報しか入ってこない。テレビは一方的に情報を投げかけられるので、自分が全く意図しない情報が入ってくることがある。

こんな感じだっと思います。なるほどねーと。

これ見てから、ご飯食べるときとか、話題になってる番組があるときにちょっとだけ見るようにしてます。自分が取り組んでいるジャンルに関連する番組とかであれば見てみるのもいいかも。

雑誌も同様に、どんな広告が出てるのかなとか、想定するペルソナが見る雑誌をみれば、そのペルソナの脳内の一部がわかるわけじゃないですか。

実はYoutubeも見た

初期のころはYoutubeもまぁまぁ見てました。ただ、Youtubeに動画あげている人はたいていが情報商材とか塾系が多いので注意してください。

でも彼らもやり方はどうであれ実際に稼いでいる人達です。彼らなりにすごい勉強してます。書籍・塾・セミナー・情報商材などいろいろお金かけて学んだことを、彼らのことばに替えて発信しています。なので、結構真っ当なこと言ってたりするので、勉強になる部分は多かったです。

当時はヒルズ土屋さんとか見てたと思います。リンクは貼りませんので興味ある人はご自身でどうぞ。

ただ、最終的にはどっかに誘導されるので見るのは自己責任でお願いします(笑)

アフィエリエイターが読んでいるであろう本

これ探すの大変でした。アフィリエイターって絶対本読んでるはずなんですけど、わざわざ本の紹介とかしません。ブロガーはよく書評とか書きたがりますけど。ですので、見るべきなのは「ブ◯グ飯」とか「プロブロガーのなんちゃら」とかそういうのではありません

そうやって稼いできた人達が、そこにいたるために読んできた本はどれやねんということ。たぶん本もたくさんありますし、ビジネスやる人の読書量は恐ろしいので全部紹介するのは無理。少なくともこれは皆んな読んでそうなのを数冊だけ。

とまぁ、ブロガーさんがこぞって紹介する「◯ヶ月で◯万PVががなんちゃらテクニック」とかとは毛色が違うわけですよ。やっている人から見たら当然のタイトルかもしれませんが、ブロガークラスタにいると意外と「え、そんな本あるの?」って人が多そうなので紹介してみました。他は、稼いでいる人に直接聞いてみてください。

まとめ

可能であれば、稼いでいる人に直接会って話を聞けるといいですね。アフィリエイト界隈に人脈がない人のためのイベントなんかもあるので積極的に参加してみてはいかがでしょう。

>>アフィロック<<

ガールズバー行きたい。

-アフィリエイトブログ

Copyright© アフィリエイトZONE , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.