アフィリエイトブログ

Googleアドセンスリセラープログラムで広告を4つ以上はってみた効果と辞めた理由

更新日:

13263835594_6a8b318f84

Googelアドセンスのリセラープログラム認定パートナーへ登録して4ヶ月程利用して見ました。

アドセンス4つ以上貼りたいなーと思ってる人は参考にどうぞ。

photo credit: Get adsense approval via photopin (license)

Google Adsenseリセラープログラムとは

Google AdSense リセラープログラムは、ウェブサイトの収益化に関するコンサルティングサービスを提供されている事業者様や、ウェブ制作会社様など、多数のサイト運営者様と関わりのある企業様が、日本国内におけるGoogle AdSense の提案・販売活動を行うための支援プログラムです。

AdSense のリセラーは、AdSense API テクノロジーを活用し、サイト運営者様のサイト上で生じるAdSense 収益の分配率を決めることができます。さらに、AdSense に新しいサイト運営者様を紹介した際に紹介ボーナスを得ることができます。

 

だそうです。ざっくり以下のよう内容です。

  • リセラープログラムを通して広告を配信
  • 配信される広告はアドセンス+αとなる
  • 広告を4つ以上貼れるかも
  • アドセンスより高単価の広告が配信されるかも
  • 広告の管理は認定パートナーがやってくれる
  • その他各パートナー社の独自サービス
  • 認定パートナーはGoogleと直接連絡が取れる
  • 手数料20〜30%取られる

詳しくは以下のラブグアバさんがまとめてくれてますので、見たこと無い人は先にそちらを見た方がわかりやすいかもしれません。僕も大体同じでした。

読んだら戻ってきてください。

リセラープログラムで収益は増えるのか

1PV当たりの収益性をグラフにします。契約期間中でPVの母数が大きく増加してますので、それも合わせて乗せます。

先にリセラーで何が変わったかあげます。

  • 広告枠増加3⇒5個へ
  • 高単価の広告配信
  • スマホの広告を336x280サイズに変更

*適用直後はアドバイスに従って、広告の掲載位置を変えましたがすぐ戻しました。

*リセラーのタグに置き換えたのが2/27(まだ3つ)

*リセラータグ贈枠実施(5つ)が3/14〜です

万PV 収益/PV(平均を100%)
11 12.7  92.0
12 14.2  118.7
1 23.2  93.9
2/リセラー開始 24.0  109.2
3/贈枠開始 28.4  85.0
4 32.7  100.4
5 51.9  104.0
6 57.8  96.9
7 62.8  90.5

微妙w

どうリストを作ったらいいかわからなかったので、一定期間の平均の収益性(収益/PV)を100%として出して見ました。なんとなく、リセラーを通したところで収益性に特別差が無いというのがおわかり頂けると思います。

リセラー適用後の数値は手数料を引かれた分です。贈枠により、収益が増えたかもしれませんが、手数料分と加味すると特にプラスにはならない感じです。

リセラープログラムの特徴と辞めた理由

あくまでも僕の場合です。他の認定パートナーであればまた結果が違った可能性はあります。

収益性がさほど変わらない

コチラとしては、特に収益は増えない。でもリセラー会社は手数料を貰っている。つまりどういうことか?

広告スペースを無料で貸し出してる状態ですよ。仲介ビジネス。手数料ビジネスです。

メディアと広告主の双方にうまいこと言って、仲介業者だけが儲かるシステムです。と僕は感じました。

表示速度が遅い

リセラーで贈枠してから表示速度が遅くなってました。原因の特定にはいたってませんが、おそらくRTBというシステムを使っているからだと思います。

リアルタイム入札
読み方:リアルタイムにゅうさつ
別名:リアルタイムビディング,リアルタイムビッディング,RTB
【英】Real-Time Bidding
リアルタイム入札とは、オンライン広告の入札の仕組みで、広告のインプレッションが発生するたびに広告枠の競争入札を行い、配信する広告を決定する方式のことである。 IT用語辞典バイナリから

ページが表示されるたびに、入札が行われて最も高単価な広告が配信されるようです。

  1. ページが表示
  2. 入札開始〜決定
  3. 広告の配信

単純に時間かかりそうですよね。

アドバイスのレベルが低い

リセラーの担当者にもよるかもしれませんが、広告の最適化に関して一度もまともなアドバイスを頂けてません。何度か突っ込んで聞いてみてたのですが、向こうからあった提案は以下のようなもの。

  • 広告は大きい方が収益が高い
  • ファーストビューに設置した方が良い

・・うん、知ってる(›´ω`‹ )

このレベルです。しかも一般論。一般論を語るのは最適化じゃなくない?

メディアの運営も含めた全体の最適化はしない

最初は担当者が知識が無い人が付いたのかなとも思っていましたが、一度電話で詳細を話す機会がありまして、聞いてみたら違いました。

そもそも、メディアの運営全体を考えた最適化はしない。です。

つまり、リセラーが見ているのは広告だけ。広告のインプレッションに対して、収益がどうあがるか。なんというか、配信する広告の内容の最適化だけです。

  • 広告配置
  • ユーザビリティ
  • メディア全体のバランス

↑このあたりは完全にノータッチらしいです。マジかと。以下のようなやりとりもありました。

僕「これ以上収益性が上がる余地が無いなら辞めます」

リセラー「では広告枠をさらに贈枠するのはいかがでしょう。本文中にもう1つ。」

僕「いや、僕が求めてるのは最適化です。贈枠してユーザビリティが下がって、結果全体の収益が落ちたらどうするんですか。人が一生懸命作ったメディアをなんだと(ry」

こんな感じです。

リセラーのビジネスモデルを考える

リセラーはメディアからの手数料を2〜3割獲得して収益をあげています。ということは、彼らが儲けるために力を入れる部分は以下の2つ。

  • 新規メディアの獲得
  • 既存メディアの維持

つまり、契約をとったあとに数%単位でちまちまと最適化をするより、その労力を新規メディアの営業に使った方が効率がいいわけです。

契約してれば、勝手に手数料が入ってくるんですから。営業してメディアを獲得したあとは基本何もしません。質問してもレスポンス遅いし、向こうが返信忘れてて催促したこともあったし、平日の日中いきなり電話してくるし。

次に彼らが本気だすのは、「契約を辞める」って言われたときです。

リセラーの利用価値がある場合

少しフォロー。

明らかに贈枠で収益が増えることが見込まれる場合

いろいろ自身でテストしたり、メディアを運営していくなかでもう少し広告枠が増やせたらなーと思うことがあると思います。

でも、基本的に贈枠はあまり意味がありません。広告が目に増える可能性が高くなるので、その分PVあたりのクリック率は増えるでしょう。

それが、手数料を大きく上回ると見込まれる場合はアリです。

リセラーのサポートが欲しい場合

自分でテストや広告管理をせず、リセラーに任せたい場合ですね。

あとは、アドセンスの規約違反の可能性がある記事に、自動的に代替広告を配信してアドセンス停止を回避してくれたりします。ただ、これの精度は不明ですし、何かあってもリセラーは責任とってくれないという規約になってます。

また、リセラー会社はGoogleと直接やり取りができるので、ペナったときでもリカバリーのための情報が得られやすいとかそういうのはあるかもしれません。

PCユーザーの割合が多いメディア

贈枠の効果が出るのは、モバイルではなくPCです。

モバイルはいくら広告増やしても、ページ下部の方は結局見られません。モバイルの広告は3つか、多くても4つが最適だと思いますね。5つ以上あっても無駄です。

その点、PCサイトであれば贈枠によるクリック率への影響が大きく出ます。PCユーザが半分くらいのメディアなら贈枠の恩恵が得られるかも。

まとめ

総評としては、手数料分の価値が無いので辞めました。です。

やっぱり、リセラー使って収益を増やそうなんて甘くないですね。リセラーとやり取りするのに労力を使うよりは、PV増やす方に専念したほうが良いという自論が出来ましたのでやって良かったです。

Googleの担当が付いたり、テストに選ばれて4つ目の広告を掲載できるようになるまでは、4つ以上掲載するに値しないメディアなんだと思ってブログやって行きます。

もし、広告を4つ以上設置してみたい人は手数料がかからず自分でコントロール出来るアドネットワークを試してみることをオススメします。

アドセンスより単価は低いかもしれませんが、手数料取られてマイナスになることはありません。収益性も楽天よりはいいと思います。今のところnendが一番良さそうですね。

スマートフォン広告『nend』

試してみてダメなら辞めればいいです。そうやって自分の中の経験値を貯めるのが将来の収益につながります!

-アフィリエイトブログ

Copyright© アフィリエイトZONE , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.